おすすめのバイオリン弦🎻

皆さんこんにちは!

バイオリンを演奏するにあたってとても重要な弦

別の記事にて弦の芯材について少し触れましたが、それぞれの芯材の中でも現在かなりの数の種類がありどれを使えば良いかわからないですよね

そこで今回は私が今まで使用してきた弦を中心にバイオリン弦をご紹介させていただけたらと思います!

それでは参りましょう!٩( ´ω` )و

ドミナント トマスティーク社

バイオリンを演奏したことがある人は一度は使用したことがあるのでは?

このドミナントという弦はペルロンというナイロン素材を芯材に用いて作られており、

楽器本来の音色を出しやすく初心者の方でも扱いやすい弦です。

大抵の楽器に合いますし、何より価格が抑えられているのがありがたいですね!(*´∀`*)

弦の寿命は2ヶ月くらいと少々短めです。

初心者におすすめと言っても世界的ヴァイオリニストパールマンヒラリー・ハーン等も使用している弦です。

一度試してみては?( ̄▽ ̄)

オブリガート  ピラストロ社

こちらのオブリガートという弦はガット弦に近い音色を目指して開発された弦です。

実際弾いてみると深みのある音で、音量も結構あり輪郭のある音が出せます

弦の寿命は約半年と長め!(。・о・。)

オーケストラで使用するのもおすすめです!

私が以前所属していたオーケストラでは一時期ほとんどの楽器をオブリガートで統一してたこともありました笑

エヴァピラッツィ  ピラストロ社

こちらの弦は私が音大受験時に楽器を購入して、かなり長く使用していた弦です(知らんわ!)

この弦は音量もさることながら、明るい音が特徴と言いましょうか。

勿論温かい音も可能で、幅広い音色を持つ弦です。

ただ弦のテンションが強いので、楽器によっては少しうるさく感じてしまうかもしれません…

寿命は長く5ヶ月程度。

明瞭な音を求めてる方におすすめですね(*^^*)

パッシオーネ  ピラストロ社

パッシオーネはナイロン弦ではなくガット弦になります。

ガット弦と聞くと扱いずらそうに思うかもですが、ピッチの安定面や湿度によるコンディション面も大幅に改善!\_(・ω・`)ココ重要!

音量もしっかり出るので、パッシオーネと言う名前の通り情熱的な音が得意ですね。

寿命は約半年でガット弦としては長めの寿命

ガット弦を使ってみたいという方もこの弦だったら扱いやすいと思うのでいかがでしょうか?

イルカノーネ  ラーセンストリングス

最後にご紹介しますのが、ラーセン社から出ているイルカノーネという弦!

こちらは左手ピチカートとダブルフラジオレットが演奏しやすいようにと設計されたそうです。

弦の寿命は4ヶ月程。

音質は少し柔らかくはありますがしっかりと発音でき、特に明るい音が響きやすいかな?という感触。

値段もそこまで張らないのでありがたいですね。

音量は少々抑えめのような感じなので、より響かせたいという方は同じイルカノーネから「ソロイスト」という弦が出ているのでそちらもおすすめです!!

まとめ

今回は数多くあるバイオリン弦から数本をセレクトさせて頂きました!

弦楽器は使用する弦で結構音色が変わる楽器です。

楽器が違うと同じ弦でも少し違った響きになることもあるので、あくまでも弦を購入する際の1つのヒントとして考えて貰えたらと思います。

因みに私の好みの弦はエヴァピラッツィです!

私の楽器自体が結構柔らかい音がするので張りのある音が出るこの弦が相性がいいと思って使ってます。

同じナイロン弦やガット弦と言ってもそれぞれの個性は結構あるので弦を変えると演奏の幅が変わるかも!

皆さんもお気に入りの弦を探してみては如何でしょう?

それでは今回はこの辺で(*´︶`*)ノ

習志野市・津田沼・谷津 和田バイオリン教室♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。